先輩の声

 

九州指月に興味を持ってくれた皆さんに、先輩社員からメッセージをお伝えします。

 
 

製造2課5班
大場 裕章

2004年4月 入社

私は学生時代に学んだ電気の知識を活かすことができると思い、この会社を選びました。
現在は製造2課5班に所属し、主に製品の耐電圧試験を行っています。
九州指月の商品は一般の人が直接目にする機会は多くありませんが、社会でも重要な部分に多く使われています。
お客様にお届けする前の、『商品の最終性能検査』を実施する責任ある大事な工程に携わらせてもらえることに、とてもやりがいを感じています。
今後もお客様に安心・安全な商品をお届けできる様に、製品や電気の知識をさらに深め、成長していくことが今の目標です。

 
 

製造3課2班
田中 瑞稀

2020年4月 入社

私は、産業用や車両用などのコンデンサの組み立てに携わっています。
当社の製造するコンデンサの中には、新幹線に使用されているものもあり、多くの方が利用される車両の部品になるということを想像すると、とても嬉しく感じられます。
また、作業が慣れない頃はうまくいかないこともありましたが、毎日作業をすることで出来なかったことが出来るようになり、作業スピードが速くなると、やりがいを感じます。
今はまだ学ぶことが多いですが、将来は、たくさんの業務をこなすことができるようになって会社に貢献できる人材へと成長していきたいです。

 
 

蒸着開発グループ
宮崎 昂平

2019年4月 入社

私の所属する蒸着開発グループは、主に指月コンデンサのコア技術となる蒸着工程、およびスリット工程に携わっており、業務内容は生産ラインの方々の負担軽減や品質向上を目的とした「設備改善」,「定期的な設備のメンテナンス」,「設備の修理対応」のほか範囲は広く、多岐にわたります。一言で申し上げると、生産ラインを陰で支える縁の下の力持ちといったところです。
業務を行っていく上で設備を設計・改善する際、アイデアを具現化するために思考を巡らせ作り上げていく過程と、実現した時の達成感にはやりがいを感じ、何より『ものづくりの楽しさと奥深さ』を実感できる部署だと思います。
まだまだ知識、スキルともに不足している部分も多いので、今後は経験豊富な先輩方にアドバイス頂き自分の能力を高め、新しい設備・装置を1から作り出せる技術者になりたいです。

 
 

生産技術課
戸渡 ゆみ

2011年4月 入社

私は、生産技術課で生産設備の製作や改善、修理に関わる業務を行っています。業務を通して現場の方から作業が楽になった、品質が良くなったと言って頂けるととても嬉しく、今の仕事にやりがいを感じます。
現在入社10年目ですが、結婚と二度の出産、どちらも約1年の育休を経て職場復帰しました。復帰後もまだ子供が小さいため時短勤務を利用しており、保育園への送迎に時間のゆとりを持てています。急な早退などもありますが、職場の方からの配慮で育児と仕事を両立しやすくして頂いています。
今後も女性ならではの感性を活かして、私が製作・改善した設備で生産業務に携わる方々が作業しやすく、働きやすい環境にしていきたいと思います。